FC2ブログ

先日、業界初のAIによる相続贈与のシミュレーションができるソフトの
説明を受けました!

AI活用?!
しかも、相続贈与のシミュレーション!
しかも無償提供!

AIというからには、
たくさんのデータ郡から、
家族ごとの背景や構成に応じた
納税や節税方法だけでなく、未来を見据えた円満な分割方法など
瞬時にシミュレーションされるのかなとか想像してみたり・・・

とうとう、AIもここまで来たのかなと
期待ワクワクで
説明を伺いましたが・・・

内容の詳細は、割愛しますが、
紙の資料を使っての説明によると
どうも、EXCEL関数を使ったシミュレーションとあまり変わらない感じで・・・
しかも営業ツールのようで・・・

子どものプログラミング教室のときの説明にも感じた
似たような違和感・・・

そもそも、AIって定義なんだろう・・・・・

あるサイトによると、
AIの定義は、あまりはっきりしていないらしい。

AIという言葉だけが、はやりとして、独り歩きし始めてるのかしら?

来年・令和2年の所得税改正点は・・・

主なものをピックアップしますと

・給与所得控除の引き下げ
   一律10万円引き下げ&年収850万円超の方の給与所得控除が上限195万円

・基礎控除の引き上げ
   一律38万円(住民税33万円)→ 48万円(住民税43万円)
   しかし、所得が2,400万円超になると段階的に基礎控除枠が小さくなり
   2,500万円超になると基礎控除がなくなる

・所得税額調整控除の創設
   今回の改正で年収850万円を超えると増税、そのため、子どもや介護などで被扶養者がいる方を対象とした控除枠の創設

・配偶者・扶養親族等の合計所得金額要件等の改正  
   同一生計配偶者、扶養親族の所得控除を受ける場合の所得要件が10万円引き上げ
   例えば、 同一生計配偶者 38万円→48万円  扶養親族 38万円→48万円


結論としては、年収850万円を越える方、所得2,400万円超の方は、所得税増税になりそうです。

これらの改正を反映した年末調整は、来年・平成2年末に行いますが、
月々の源泉徴収計算表にも反映されておりますので、来年1月からの源泉徴収額も変更されております。


税務署からの書類も届き始めたこともあり、
お客様のために、年末調整のご案内や資料の用意をしています。

本年の年末調整に関する改正はありませんが、
来年・令和2年の年末調整にあたっては、いろいろと改正があります。
またこれらの改正を反映した様式が、国税庁より本年12月末に確定リリースされる予定です。

ダウンロード


また、「令和2年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の

変更点は、
当該申告書の一番下の方に単身児童扶養者の欄が新たに追加されています。

記載対象者は、未婚の扶養児童がいる方になります。

人生で初めて、Jリーグの試合を観戦しました!

子どもが行きたいと言ったので
駒沢公園だったということもあり
世田谷区在勤在住割引もあったので

東京ヴェルディ vs ファジアーノ岡山

遠くから見ていたせいか
というかあまり興味があるほうではないからだと思うのですが
試合の流れもあまりよくわからないまま。

それに、昔・・・と言っても、
10年前くらいでしょうか。
その時と違って応援観戦人数が少ない印象でしたが
時間帯やシーズンのタイミングもあるかもですね。

まぁ、初めて観戦という経験ができたことは
嬉しかったです。

IMG_2174.jpg

そういえば・・・大阪にいた頃
ちょうど、税理士試験が終わったタイミングでもあるし
高校野球にハマっていたことがあって
ちょくちょく甲子園に行っていたことを思い出しました。
高校生が、暑い中、必死に頑張っている姿に、
チーム関係なく、心が熱くなって感動していたんですよね。
必死に勉強していた税理士試験が終わったあとだから
なおさらだったのかもです。

今日から10月!
今年も残りあと3ヶ月ですね。

早い!
先日、年末調整用の保険の控除証明書が届いていたので
年末感をじわじわ感じはじめていたところです。

そして、今日から消費税10%&軽減税率&ポイント還元。

アマゾンで買ったつもりの事務所のプリンターが
なかなか届かないので
調べてみると、決済してなかった!(泣)
急いで決済しましたが、
少し値上がりしてた・・・
10%対応に切り替わってたのかな~
まぁ、必要だから仕方ないけど。

で、今朝、子どものTシャツを買い忘れていたことに気付き
アマゾンを見ると・・・
出品業者ごとに、5%還元の表示がありました。
やっぱり、5%還元と赤字で書いてあると
目を惹かれますが
でも、それ以上に配送料や値引きなどと比較すると
結局、どうなんだろうと。

スタートしてしまった制度ですので
今後は、経理や申告書への影響が
どのように出てくるのか
興味と困惑ですね。