fc2ブログ

さまざまなメディアで報道されているように
税制大綱が閣議決定しました。

内容は、高額所得者や富裕層をターゲットとした増税と
法人税の5%減税が目玉になっているようです。

先日のブログにも書きましたが、
相続税の基礎控除枠の縮小と最高税率の引きあげ
、生命保険の非課税枠の制限など、

もし、この大綱が決まれば、
これまでの相続対策の見直しをする必要に迫られますし、
また新たに相続対策をする必要がある人も増えるかと思われます。

昨年の税制改正では、小規模宅地の評価減の適用内容が大幅に見直され
特に、都市部で価格の高い不動産をお持ちの方には、
増税になる可能性が出てきました。

そして、今年の改正・・・・・

本当に相続税対策を見直す必要が出てきそうですね。