お客様が書かれた絵本、「松の子ピノ」
大震災と一本松、そして希望と夢へとつながる、素敵なお話なのですが
その絵を描かれた作家さんが、京橋でお店を出すことになったということで
オープンパーティにご招待いただきました!




パーティでは、お客様が、絵本を朗読されました。
ピノの世界を、じわーと感じ、最後は、とても幸せな気持ちになりました。




震災後の復興は、現実として、厳しい側面もあるようです。
そういう現実を見据えながら、ピノの世界につながることを
深く願う、そういう思いになりました。