2013年にスタートした教育資金の一括贈与、

具体的には、以下・・・

平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間に、30歳未満の子供や孫の
教育資金1,500万円までについては、金融機関等を経由して
教育資金非課税申告書を提出することにより
贈与税が非課税となります。

この制度、業界紙によると、
制度3年弱で利用が15万件、教育資金1兆円を
突破したようです。

人気の理由は、
相続対策として使い勝手が良かったようで、
30歳になっていたときに、使い残しには、贈与税がかかりますが、
相続財産として3年以内の持ち戻しがないところです。

制度ができた当初は、
教育資金をもともと非課税だからあまり意味がないのではという話も
ありましたが、
確かに、将来のことを考え、教育資金として、お金に色をつけておくことで、
合法な相続対策になりますよね。
名義貸しとかの問題もクリアされますし。

それにしても、1兆円、銀行にお金が集まったってことですね。
口座開設は無料のようですが、
信託にすると、その運用手数料がかかるようです。