fc2ブログ

本日は、経営戦略セミナーへ参加してきました。

講師は、中小企業診断士の資格を有する
コンサルティングのプロの方でした。

伝統的な経営戦略、マイケルーポーター博士の
同業他社との競争に勝つための経営戦略の立て方、考え方を学び
そして
2000年に入ってから、台頭してきた「ブルーオーシャン戦略」
などをさらっと学んできました。

この違いは、ざっくりと(ウィキペディア参考)

伝統的な経営戦略は、
「事業が成功するためには低価格戦略か差別化(高付加価値)戦略のいずれかを選択する必要がある」

としているのに対し、

ブルー・オーシャン戦略では、低コストと顧客にとっての高付加価値は両立し得るとのこと。

いずれの経営戦略を考えるにしても、また別の方法で経営戦略を立てるにしても、
日常的な事務作業の積み重ねがあってこそだと思います。

その積み重ねが、間違っていたり、適当だったりすると、
どんなにすばらしい経営戦略を考えていても
根拠のない、机上の空論になる可能性もありますね。


あらためて・・・

打ち水