今日で3月も、そして平成28年度も終わりですね。
本当に早いです。

国会では、森友学園のことばかりのように思いますが

とっても重要な平成29年度の予算や税制改正も決定しました。

平成29年度支出予定は、過去最大の97兆円!
そのうち、借金返済に充てられるのが
23兆円(約24%)

じゃぁ肝心の収入は・・・
税収58兆円(支出予定の60%)
残りは主に国債発行
要は借金39兆円をまかなうプラン。

個人で考えると
年収600万円の人が
400万円借金して
そのうち250万円は借金返済にあてて
750万円の生活をする

個人レベルに落とすと、ちょっと恐いですね。

この借金が、未来につながる投資だと明るい気持ちになりますが
自転車操業的にお金が回っているだけだと
本当に恐いです。

財務省のHPによると
国債発行が急に増えたのは
平成10年あたりから、
バブル崩壊後税収が落ち込んで
失われた20年と言われる間にグーンと借金。

どうするんだ?
と他人事ではすまないレベルだと思いつつ・・

まずは・・・

明日から平成29年度になります、
新たな気持で頑張りたいものです。

業界紙などで、何度も取り上げられている
地方税の電子申告システムの接続障害。

その障害は、1月27日から2月1日にかけて
地方税の電子申告したにもかかわらず
申告ページにつながらなかったり
送信完了ができていなかったりと。

なので、受付メール等がきてなかったら
未申告状態かも!ということのようです。

対象税額は、
・固定資産税
・法人税
・給与支払報告書 など。


びっくりです!

実は、昨年12月に、
今年から、給与支払報告書の電子申告が全市区町村
できるようになったと聞いたので
早速、電子申告の準備をしていたのですが・・・

いざ、その準備にとりかかると・・・
1日かけていろいろと試したものの、
あのモジュールが足りないとか
この順番でやらないとうまく進まないとか
こりゃ複雑だわ、送信失敗したら怖いな
と思って、やはり従来どおりのやりかたを選択したんです。

結果として良かった・・・

電子申告のシステム、もう少し簡単な設定で
そして安定的になったらなぁと。



確定申告も終わり、3月法人申告の準備も整い
ちょっと一息ついてます・・・

昨年の今頃は、新しいことに向かって、
ちょうど4月スタートの時期なので、
オフィスの模様替えをしたり
スポーツジムに通い始めたり
株の勉強を本格的に始めたりしました!

スポーツジムは、半年ほど続けてましたが
子供のケガをきっかけにやめてしまいました。
あんなに好きだったエアロビが
なんとなく志向が変わって今一つのりきれなかった・・・

株も同じ。
半年ほどみっちり勉強しましたが、
ロジックは悟れず。
結局投機的要素が強くて
勉強だけでは、なかなかできるものではないなと。

さてさて、今年は何をしようかなと考えています。
時間とチャンスがあれば
料理上手になるような料理教室に通いたいなと
思っているのですが(笑)

先日、凡ミスをしないように・・・
と書いたばかりでしたが。

今日やってしまった感じです(T_T)
で、中野と三茶を2往復でした。

お客様には、お手間を取らせてしまい
申し訳ありませんでした。
また、快くご対応くださったこと
心より感謝申し上げます。

でも、付加価値ある提案にもつながったので
それはそれで怪我の功名か!

いずれにしても、
挽回できるスケジュールを組んでいることもあって、
大きな問題なく、余裕を持って進めることになり、
ホッとしました。


・・・・・

昨日は昨日で、息子が初めてホワイトディ、
バレンタインのお返しをしてくれました。
しかも手作りエアインチョコ。
母ちゃん幸せだ~♪
ちょっと、親としての喜びを感じました。
いつもは泣きたくなるようなこといっぱいですが(笑)
IMG_7993.jpg

確定申告も終わったので、

またまた、給与計算・年末調整ソフトarataH29の開発をスタート!
プログラマーさんに、心より感謝です。

実は、新しい会社さんの経理全般&給与計算を
お引き受けすることになったので、

早速、他の給与ソフトを購入したり
クラウド版を試したものの、

ある程度の規模のある会社さまには
いいのだと思うのですが、

やはりスタートアップの会社さま向けとしては
使いづらい、やりづらい、修正ができない
などちょっと思っていたものと違う。

で、結局,自社開発ソフトのarataH29を使うことにしました。

平成29年仕様、例えば源泉の額の変更
年収1,000万円超からの給与所得控除が220万円にダウンしたことで
毎月の給与計算の源泉徴収額表が変わってきています。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

そのようなこまかいいくつかの仕様変更を、
プログラマーさんのほうで
サクサクしていただいたおかげで
使えるようになりました!

嬉しい。

また、arataH29,でも対応している不動産の支払調書などを、
国税庁のHPで確認をしていたら、

なんと、なんと

国税庁のほうでも、
PDFで書き込みできる雛形も作ってくれてました!

これは便利です。

EXCELなどで、外注費と源泉額を管理して、
年末にこの支払調書に入力すれば、完成ですね。

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/mokuji.htm

どんどん便利になっていきますね。

でも、給与計算から年末調整まで、一気通貫、
そしてそのわかりやすさ、
arataの使用感は、ぜったいいなと自負してますので
ぜひぜひお試しください!
興味のある方は、ご連絡下さいませ。