FC2ブログ

土曜日の東京新聞の一面だったでしょうか、

「協同労働」実現する労働者協同組合法が成立 多様な雇用機会の創出に期待
https://www.tokyo-np.co.jp/article/72445
働く人が自ら出資し、運営に携わる「協同労働」という新しい働き方を実現する労働者協同組合法が4日の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。2年以内に施行される。やりがいを感じられる仕事を自ら創り、主体的に働くことを後押しする仕組み。介護、子育てといった地域の需要にかなう事業が生まれ、多様な雇用機会の創出につながる効果が期待される。
これまで介護や障害福祉、子育て支援、街づくりなど地域の課題に取り組む人たちは、NPOや企業組合などの形態で活動していたが、認可を得るのに時間がかかったり、活動分野が限られたりしていた。そうした課題を克服する「労働者協同組合」という新たな形態が考え出された。

ちょっとなんのこと?
突如としてこのような団体?組織?の法案が国会で成立したのは
どういう目的なんだろうと。
NPOや任意組合など、既存の組織では不十分だから
新しい法律で労働者協同組合という組織の枠組みを作ったみたいですが。

NPOや企業組合などの形態で活動していたが、認可を得るのに時間がかかったり、
活動分野が限られたりしていた。そうした課題を克服する「労働者協同組合」という新たな形態が考え出されたと、
記事にはありましたが、

既存の法律で、認可などの運用面で使い勝手が悪いのであれば
その部分を簡便にすればよかっただけのような・・・
それもできないから、今度は、もっと簡便に新しい組織体を作れるようにしたということでしょうか。
結果として、介護、子育てといった地域の需要にかなう事業が生まれ、多様な雇用機会の創出につながる効果が期待
される・・・

いろいろと民間やNPO、行政サービスが提供されているものの
なかなかうまくいかないのは、
現在ある組織体の認可や運用の法律ががちがちだからという側面も
あるかもしれませんが、
本質的には、
少子高齢化、世界で最も少子化が進み、年老いた国に変わったのに、
子育てや介護などの教育・福祉に対する国の取り組みが
手薄で場当たり的だからじゃないかなという気がしています。

そこを、理想としてでしょうか、自助共助しやすくなるような(?!)形だけを整えても
という気がして仕方ありませんでしたが・・・

この法案が成立した趣旨が
まだ、しっくりこず、なんだか、よくわからないままです・・・
もう少し、この労働者協同なるもの見ていこうと思ってます。
法人税法上は、収益が発生していれば、法人扱いになるのかしら?!

今年も、残すところあと1月。
コロナに始まりコロナで終わりそうな1年です。
それでも、通常の業務はたんたんと進んでいますし、
これまでのように、相続のご相談や申告業務もあります。
コロナ禍であっても、
皆、確実に年を重ねていきながら
それぞれの日常が並走していることを感じます。

併せて、持続化給付金や家賃支援給付金の申請の
お手伝いをする度に感じることですが、
売上回復につながるような時期が、
会社様の体力が持つまでに、一刻も早く来るよう願うばかりです。

そんななか、持続化給付金の詐欺のニュースが
連日伝えられています。
給付金の目的を達成するために、スピーディーに簡単に
手続きできることを逆手にとって行われたのかもしれません。

ただ、こういう現象が全国で起きていることは、
その人個人の問題だけなく
日本全体で何か大きな問題を抱えている気がしてきています。

モリカケ、桜を見る会、議事録をつくらないなど
法律やモラルを無視しているように見える行為や
コロナに対する政治の迷走を連日
ニュースなどで見ていると、そういう気になるのかなとか。

もしくは、もっと前から、一億総中流の時代が終わり、
バブル崩壊後の政策による格差などからきているのかとか。

いろいろ考えますが・・・

いずれにしても、このようなモラルが伴う現象については、
教育がとても大事なもののひとつではないかということを感じます。
2018年度から道徳が教科書化されたりしていますが・・・
それでも、大事なのは、
子どもたちが小さい世界に留まるのではなく
多様な世界を経験できる機会が常にあることのように感じます。
今では、コロナ禍で子どもたちの学ぶ機会に制限がかかっているのは
非常にかわいそうな気がします。
将来的にも、大きな機会損失につながりそうな気もしています。
コロナがいつ落ち着くのかわかりませんが、
短い子ども時代、でも、人生の大事な基礎の時代を
たくさんの学びの中で、たくさんのことを感じ、過ごせる日が戻るように願うばかりです。

でも・・・
もしかしたら、それは、あくまで大人の視点に過ぎず、
子どもは子どもの視点で
これまで経験したことのないコロナ禍で
迷い戸惑いそれでも生活している大人の様子を見ながら、
インターネットやSNSを上手に使い、新しい価値観の学びをしているのかもしれません・・・

コロナ感染拡大が続いていて
いろいろと思うこと、特に政策に対しては不安を感じますが
仕事の方は、繁忙期に入りますし、
まずは、感染しない感染させないような
日常を心がけています。

そして、気分転換の方法を模索する日々。

隙間時間に軽く運動していますが、
韓国、ベトナム、シンガポール、ブラジルなど
いろいろな国のスポーツジムのインストラクターの動画を見ています。
バック音楽はその国のアーティストのものであったり
同じステップでも各国少しずつ違っていて面白いです。
背景も、室内だけでなくいろいろな名所で撮っていたりもします。
なので、運動しながら、ちょっとした気分転換になっています。

それにしても、健康に意識が行くって、先進国の象徴だったように思いますが
日本と同程度もしくはそれ以上に各国のスポーツジムやプログラムの充実、
そして上手にYOUTUBE化していることを知り、改めてびっくりしました。

あとは、これまで全く興味がなかった分野のひとつが
韓流ドラマでしたが、
各国のスポーツジムの様子をみたことで興味がわき始め、
まずは、ヒットした韓国ドラマ愛の不時着を見てみようと思ったら
そのクオリティにびっくりしてドはまりしました。
何がすごいって、シナリオの伏線がたくさんあって
作りこみが深い。

そうなると、日本作の
鬼滅の刃はどうなんだろうと興味を持ち、
アニメを見たら、またドはまりしました。
続きが気になる・・・でも、映画館にはまだ行けそうにないので
コミックを買ってしまいました・・・・・
IMG_1194.jpg


小さい頃からマンガは好きで、
リボン、なかよし、マーガレットなどの少女漫画、
はだしのゲンやドラえもん
高校生の時には、源氏物語あさきゆめみし、
最後に読んだのは、大学生のときに読んだAKIRAだったか
手塚治虫の大ファンの友人の勧めで火の鳥だったかな。
以来かしら?!久しぶりのマンガですが、
YOUTUBEなどなど、動画が溢れている日常だからでしょうか
マンガでも意外と集中力がいることにもちょっと驚きました。
(年のせいかしら?!)
ゆっくり読んでいこうと思います(笑)

結果、流行りものに乗っかってしまってますが(苦笑)
でも、目から鱗が落ちた感じは、以外でした。

気持ちのいい秋晴れですね。

金木犀がベランダで
太陽の光をいっぱい浴びています。

IMG_1141.jpg

今日のお客様、前向きなパワーが素敵で
楽しく打ち合わせができました。
秋晴れの空のように気持ちがいいですね!

デジタル庁や印鑑不要の話題が出ていて、
税務関係も、e-taxを始め電子申告の推進が進められています。

年末調整手続についても、電子化に向けた内容の告知がされています。
一定の条件のもと、既存のソフトウエアを使って電子申告も可能のようですし、
国税庁HPで電子申告用のソフトもダウンロードできるようです。

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/nencho.htm

ただ、PC用のマニュアルで117ページあり、
全部読む必要はないかと思いますが、
インストールしてアウトプットできるまで
サクッとできるかな?という印象でした・・・・・

いずれにしても、
今年の年末調整書類、以下・・
・令和3年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
・令和2年分 給与所得者の保険料控除申告書
・令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書

特に3番目の書類ですが、税制改正を受けて
名前も長くなって、さらに複雑になっています。

せっかく印鑑不要や電子化を推進しているのに・・・
肝心の作業内容が複雑になっているのでは・・・
これを、パッと見て理解できる社員の方は少ないのではないかなという印象です。

しかも、基礎控除額を決めるのにその会社での給与年収や他の所得までの記載を求めていますので
このあたりなかなかハードルが高そうな印象ですね。

ということで、弊社は、メールでの対応をご希望されるお客様や
従業員が多い会社様や経理の方がいる会社様以外は、
昨年同様に、年末調整書類一式をご郵送することにしました。

で、本日ご郵送するための年末調整書類のセットが完了し、郵送も完了!
ホッとしています。

そもそも・・・
明治から戦前ちょっと前までは、確定申告のような制度のもと直接納税していたみたいですが
滞納も多くまた戦争資金確保のために
戦前戦後に導入された源泉徴収制度や年末調整制度。

今は、電子化が進み、マイナンバーなどの仕組みもできているので
それぞれが直接確定申告をするのが、シンプルで早くて一番いいような気がします。
国税庁の確定申告書作成コーナーはとても使いやすいですし(^^♪