fc2ブログ

理由がわからないまま疑問を抱きつつ、
それでも、当たり前に運用されているルールや習慣が
日常として過ぎ去っていて、
たまに、「えっ!そういうこと!?」ってびっくりすることがあります。

今朝の、東京新聞の社説は、まさにそんな瞬間でした。

<社説>週のはじめに考える 「バズーカ」の音はやまず
https://www.tokyo-np.co.jp/article/172274

衝撃を受けた部分
以下、一部抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
戦後、日本経済をけん引したのは自動車や電機産業などです。競争力ある製品を輸出して成長を支え、「輸出大国ニッポン」のイメージが国内外に行き渡りました。
 輸出依存度という統計があります。国内総生産(GDP)に輸出がどれほど貢献しているかを数字で表すものです。日本は20%以下の年が続き、韓国を大きく下回っています。実は日本は輸出でなく内需依存型の国なのです。
 にもかかわらず円高になると株価が落ち続けたのはなぜか。それは一九八〇〜九〇年代にかけて日本製品の競争力があまりに強く、世界を席巻した印象が強いからだと考えています。日本を警戒した米国が「輸出を規制しろ」と再三圧力をかけてくるほどでした。
 その印象が金融市場に「強い円は、輸出依存の日本経済にマイナス」という意識を定着させ、「円高イコール株価下落」という公式ができていたのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

円高になると株安になる理由・・・いろいろ専門家や証券アナリストの方のコラムなどを
読んだりしても、ずっと、いまひとつピンと来ないまま・・・
不思議だなあと思って過ごしていたのですが、

「その印象が金融市場に「強い円は、輸出依存の日本経済にマイナス」という意識を定着させ、「円高イコール株価下落」という公式ができていたのです。」

とういことは、つまり、
金融市場が受けた印象で、(イメージでできあがった)輸出依存の日本経済にマイナス
(統計上は内需型なのに)という意識が定着したことが理由だったの?!

実際は、もっと複雑にさまざまな背景があると思いますが、
長年、不思議だとおもっていた現象は、
なんとも、非ロジックな市場のイメージと感情(勘定?)に由来し、定説となっていたことと
いう説明に驚きました。

これは、大学に入って、ミクロ経済学だったか、ケインズ経済学だったか
最初の授業で、
経済学という学問は、人間の心理(欲)をベースとして発展していく経済を、
学問として分析することなんだと知り、衝撃を受けた感じに似ていました(笑)
大学生になりたてだったので、
経済学って、数学とか英語と科学とか生物とかと同じだと
思いこんでいたから、人間の欲と学問が絡まるなんて発想がなかったんですね(笑)

実家から、
スナップエンドウ、タケノコ、ツワブキなどなど
春の恵みが、たくさん送られてきました。
IMG_3204.jpg

スナップエンドウは畑のもの
タケノコとツワブキは、山にとりに行ってくれて、下茹でまで!
感謝の限り。
さっそく、たけのこご飯にしたり、若竹煮にしたり、
春の恵みをたくさん戴くことができました、
IMG_3207.jpg

親って本当に・・・

反抗期には、たくさん口答えして
素直じゃなかった時期もあったけど・・・
でも、いくつになっても、離れて過ごしていても、
言葉でうまく言い表わせないですが・・・

とても温かい存在です。

春休み、子どもたちを、どこにも連れて行けなかったので、
ディズニーランドへ行ってきました!
(私が、最後に行ったのは、確か、大学生のとき・・・○十年以来だ・・・)
IMG_3125.jpg

子どもにとっては、せっかくのディズニーランドデビューだったのに
まさかの雨・・・
何日も前から、ガイドブックを見ては、隅々までチェックして
シミュレーションしていた子ども。
雨でも、行きたいというので・・・そりゃそうだろうなと、
強行して行ってきましたが、以外に、たくさんの人!
ただ、ビッグサンダー・マウンテンやイッツアスモールワールドなど
人気のアトラクションにほとんど並ばずに乗れました!
そして、雨の中、最後のパレードまで見て、たっぷり楽しんできました。
IMG_3164.jpg IMG_3167.jpg

でも・・・大学生の時と違って、シンデレラ城や、ミッキー、パレードを見ても、
きらきらワクワクする気持ちが薄れている自分に
ちょっとショックでした・・・
見た目だけなく、心も年を重ねたんだなと・・・しんみり(苦笑)
それでも、雨に打たれながらも、子どもが喜ぶ姿を見られて
親として、幸せな気持ちに満たされました!

なんと、2万歩以上歩いてました!
IMG_3208.jpg

今度は、晴れた日に行きたいですね。

世田谷美術館の「ピーターラビット展」に
子どもが行きたいということで、
早速行ってきました!

ピーターラビットと言えば、可愛いうさぎのぬいぐるみと
「ピーターラビットとわたし」の歌ぐらいしか
思い付かないくらい、知らない世界だったのですが(苦笑)

展覧会を通じて、
作家のビアトリクス・ポターさんの
生まれた育った環境や、絵本が生まれた経緯、そして人気拡大の過程、
その過程で器用さや商才も発揮され、晩年には環境保護活動にも積極的
だったりと、本当にさまざまな才能に恵まれて、
もちろん努力もされた方だったんだなとわかり
ピーターラビットの世界観が広がりました。
IMG_3071.jpg IMG_3083.jpg

展覧会を見たあと、
子どもが得意満面で、美術館を案内してくれました。
(学校の社会科見学で世田谷美術館に行っていて、トリビアなお話満載!)

まず、外観、
建物そのものは、「まる、さんかく、波」で表現されているらしいです。
IMG_3082.jpg

そして、たくさんのアート作品が、あちこちに展示してあります。
下の写真も、山と水の表現をしているらしいです。
IMG_3079_2022041113105812e.jpg

なにより、驚いたのは、
ルソー、バスキア、横尾忠則、草間彌生など
有名な方々の所蔵品が展示されていたことでした。
特に、草間さんの作品といえば、水玉かぼちゃのポップな明るい作品のイメージしかなかったのですが
70年代の「君は死して今」という作品を拝見して、イメージとかけ離れていたのでびっくり!
https://www.museum.or.jp/event/79346
子どもも、社会科見学で一番印象に残った作品だったようで、
真っ先に、この作品の前につれてきてくれました。

世田谷美術館の収蔵品は・・・
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/about/collection/
他にも、北大路魯山人や山下清などなど、
著名な方々の作品が展示しているみたいです。
(その時は、時間もなく気づかないまま通りすぎてたみたい・・・残念)

砧公園のなかにある身近な美術館で、
しかも、学校などの展示会で何度も足を運んでいたのに、
こんなに素敵な見応えのある美術館だとは思いませんでした。
子どもがガイドしてくれたから、なおさら分かりやすかったのですが。
まだまだ見たい作品もあるので、また、行こうと思います!

砧公園は、桜が満開でした。
IMG_3097.jpg




確定申告中に、ジョルジョドンのボレロにハマってしまって
それから、ずっといろいろなバレエの動画を見ています(^^)

このブログに書いた直後でしたでしょうか、

「シュツットガルト・バレエ団の精鋭ダンサーたちを集めた
ガラ公演〈シュツットガルト・バレエ団の輝けるスターたち〉の開催が急きょ決定しました!」
「フリーデマン・フォーゲル主演「ボレロ」特別上演!」

という日経新聞の記事が目に入り、しかも確定申告終了後の連休中の公演。
まさに運命ではと!いや頑張ったご褒美(^^)

チケットが取れたので行ってきました!

いろいろな演者のボレロを動画でみていたので
結構イメージはできていたものの、
実際、生で見るのはやはり迫力があるし、
しかも、フリーデマン・フォーゲルさんの踊り方は結構好みで
迫力としなやかさに、とても感動!
周りでサポートしている東京バレエ団の方々の踊りも
かなり素敵!

バレエを観に行くのは、初めての経験でしたし、
しかも、モダンバレエの世界観に触れられて
本当に楽しかったです。
子どもには習い事に芸術的なこともいくつかさせてきましたが、
私自身は、今まであまり芸術にふれる機会がなかった・・・
どちらかというとほとんど興味がなかったので、
ちょっと、これからの人生の楽しみができたかも(^^)
IMG_2996.jpg IMG_2999.jpg IMG_3001.jpg
IMG_3003.jpg